不動産担保ローンは用途が不問で便利

まとまった金額が必要になったが銀行のローンは審査に通らなかった

まとまった金額が必要になったが銀行のローンは審査に通らなかった / 不動産担保ローンは限度額が大きく総量規制の対象外が特徴 / 土地の購入で不動産担保ローンを使いました / 低金利で借りられて目標の期間で完済できた

クルマの修理費用、家具の買い替え、友人の結婚式などでまとまった資金が必要になったことがありました。
そこで用途不問で借りられるローンを探していたところ、不動産担保ローンがベストという結果になったのです。
全部で150万円ほどの借入をしたいと考えており、最初は銀行カードローンを検討していました。
銀行ローンは総量規制の対象外ですし、金利も低く抑えられていたのです。
自身の年収は600万円ほどですから、150万円の借入は問題ないと思っていました。
消費者金融だと借入できる金額は年収の3分の1までとなり、この場合でも200万円が借入上限となります。
銀行ローンは総量規制の適用外なので、150万円くらいは大丈夫と考えていたのです。

しかし現実は簡単なものではなく、審査には落ちてしまいました。
落ちた理由を聞いても教えてはくれませんし、審査に再チャレンジすることもできません。
審査というのは原則一発勝負になるので、落ちたら別の金融機関に申込するしかないようですね。
ただ消費者金融は銀行より高金利ということで、もっと低金利で借りられるローンを探していたのです。
そんなときに選択肢として挙がったのが不動産担保ローンで、用途不問で低金利という点が気に入りました。
しかも総量規制の対象外になりますから、まとまった借入に最適だと思いましたね。